ABOUT

Neversink Spiritsはスピリッツ、ワイン、食べ物、自然に情熱を持っている幼なじみ2人によって設立されました。
彼らはニューヨークの自然、農産物を紹介したいと考えていました。
何年もの試飲、研究、計画を経て、ノア・ブラウンシュタインとヨニ・ラビノは、彼らの情熱を実現できるプロジェクトを見つけました。
そして、2015年の春にNeversink Spiritsがニューヨークのポートチェスターでスタートしました。
スピリッツを作ることは彼らの使命であり、彼らのミューズはリンゴです🍏
 
We love spirits.  We love apples.  We love our planet.  And, we love you.
 
私たちはサステナビリティを大切にしています。
キャンプ・ロード・ファームとケント・フォールズ・ビール工場と「The Food Cycle」というグループを結成し、パートナー企業となりました。
サプライチェーンを確立する事で、Neversink Spiritsは地球上の悪影響を最小限に抑えながら、最高品質のスピリッツを蒸留しています。
醸造プロセスと蒸留プロセスからの廃棄物は、動物飼料として農場にリサイクルされ、農場の生産性を高めています。
 
サステナビリティとは
「持続可能な開発とは、次世代の人々のニーズを損なうことなく、現在のニーズを満たすこと。」 (参考:環境と開発に関する世界委員会)
 
リンゴはNeversink Spiritsの生産の基礎です。
パートナー企業と共に農場を開発し、特別なスピリッツとビールを作るために特別な原料を栽培しました。
2012年には、ボランティアの方や友人たちの地道な努力により、伝統的で優れたシードルとブランデーを生産できる品種ではないリンゴの木を約15種類、350本以上植えました。
それらのリンゴから作られたスピリッツは、新しい方法で製造され皆様を刺激しています。
私たちはリンゴに情熱を持ち、ファンと情熱を共有したいと考えています。
 
Neversinkの想いは、細やかなスピリッツを生み出していきます。
リンゴブランデー、リンゴをベースにしたジン、持続可能な生産のニューヨークの穀物で作られたウィスキー、そして醸造所との驚くべきコラボレーションを楽しみにしていてください。