ネバーシンクスピリッツ・ジン

NEVERSINK SPIRITS

Producers of Apple Brandy, Gin and Fine New York State Eau de Vie

WHO WE ARE

ネバーシンクスピリッツは、ニューヨーク州で生産された果物や穀物などの農産物からスピリッツを蒸留しています。
ニューヨーク州の特産であるリンゴや洋梨を使用して、クラフトジンだけではなくフルーツブランデーの生産にも力を注いでいます。

ボトル

HOW TO ENJOY OUR SPIRITS

ネバーシンク スピリッツ ジンはとてもクリアでそのままでも十分に楽しめます。
カクテルにも勿論お勧めです!
あなたの好きなカクテルや私たちの考えたレシピでネバーシンク スピリッツ ジンを是非使ってみてください。
 

THE HISTORY OF GIN

ジンの歴史

ジンの歴史は古く11世紀頃にまで遡れ、およそ350年前にオランダで生み出された解熱酒がその発祥と言われています。そのスピリッツは海を渡りイギリスに伝わりました。連続式蒸留器の誕生とともに製造方法も変化し、やがて人々の趣向は甘みを抑えたドライジンへと移り変わっていきました。現在多くのシェアを持ついわゆるドライジンの誕生です。そしてドライジンはまた海を越え遠いアメリカ大陸へと渡りました。

アメリカで育まれ広まることになる現代のカクテル文化は、このドライジンとともにあったといっても過言ではありません。 こうして世界中に広がり現代にまで伝わるジンは、その伝統の継承を重んじながらも進化し、香りを付けたフレーバードジンや小規模蒸留所生産による個性的なクラフトジンなど、新しいスタイルが次々と生まれる文化として、これからも私たちを楽しませてくれるでしょう。

ABOUT CRAFT GIN

クラフトジンについて

近年世界中のウイスキーブームの影響もあり、世界各地で多くの新しい蒸留所が誕生しています。そのいくつかは小規模生産でありながらその特性を生かしジンの生産にも力を入れており、非常に個性的でユニークな銘柄を生み出しています。これがいわゆるクラフトジンです。クラフトジンには明確な基準はありませんが、従来のジンの製造方法を基礎に、各蒸留所ごとに独自の原料や工程を取り入れてその個性を引き出しています。

ジンといえばその香りの中核を担うジュニパーベリーは欠かせませんが、クラフトジンはそれに加え今まで使用されることのなかったボタニカルの香りを取り入れたり、スピリッツの元となる原料そのものにも新たな穀物や果実が使用されるようになりました。こうして次々と生まれるバラエティーに富んだ銘柄たちがクラフトジンの世界をより一層楽しいものとしているのです。